政岡社会保険労務士事務所

企業と人の支援をします。お気軽にご相談ください。06-6409-4793

トップ > 業務案内> 労働・社会保険手続き

労働保険関係の事務手続き代行

労働保険とは、「雇用保険」と「労災保険」の2つを総称した呼び方です。

雇用保険とは、労働者が失業した場合に、次の仕事が見つかるまでの間失業保険が給付される制度です。
労災保険とは、労働者が業務上の災害や通勤時の事故等の場合に、保険金が給付される制度です。


労働保険は、法人・個人を問わず労働者を一人でも雇っている事業主は必ず加入することが法律で義務付けられています。「労働者」とは、パートやアルバイトも含みます。

以下のような事務手続きを代行します
保険関係成立届 事業所が新規に労働保険に加入する際の手続きです。
年度更新 毎年7月に定例的に行なわれる届出です。法律上定められた条件の下に、前年度の確定保険料及び今年度の概算保険料を算出し、申告書の届出を行ないます。
資格取得届資格喪失届 従業員が入社したり退社する度に、その資格の取得・喪失に関する届出事務が発生します。また、資格喪失の際には同時に離職証明書の発行を行います。
労災保険各種給付 従業員が業務上又は通勤途上で病気やケガを負った際、医療や所得補償に関する給付に際して申請を行います。


社会保険関係の事務手続き代行

社会保険とは、「健康保険」と「厚生年金保険」の2つを総称した呼び方です。

健康保険とは、会社員などとその扶養家族が病気やけがをしたとき、出産したとき、亡くなったときに、必要な保険給付を受けられる制度です。
厚生年金保険とは、老齢、障害、死亡した場合に、国民年金の基礎年金に上乗せして、加入者に給付される制度です。


法人の場合には、法律上「社会保険」に加入する義務が生じます。また個人事業の場合には、一定の要件の下に加入義務が生じます。

例えば以下のような事務手続きを代行します
新規適用届 事業所が新規に社会保険に加入する際の手続きです。
算定基礎届 毎年7月10日までに定例的に行なわれる届出です。法律上定められた条件の下に、被保険者1人1人の賃金を算出し、届出を行ないます。
資格取得届 従業員が入社したり退社する度に、その資格の取得・喪失に関する届出事務が発生します。
健康保険 従業員が私病などで労務不能となった際の所得補償や、出産に関する給付に際して申請事務が生じます。

お気軽にお問合せください

主な業務

連絡先

政岡社会保険労務士事務所

ページのトップへ戻る